【整備】故障診断機『G-SCAN』全車種対応です

エンジンチェックランプ点灯
エンジンチェックランプ

エンジンチェックランプ(警告灯)

チェックランプが点灯した時は、故障診断機で診断します。

当社は、インターサポート社の『G-SCAN Tab』を導入しました。※ジースキャンタブ

インターサポート社製G-SCAN Tab
インターサポート社製G-SCAN Tab

車両に装着します(OBDコネクタへ装着)

OBDコネクタへG-SCANを装着

現代の一般的な車両には、全メーカー共通OBDコネクタが付いています。

今、ブログをお読みいただいてるお客様の愛車にも付いていますよ。

2000年頃(平成10年頃)以降の車から徐々に付いてきたかと思います。

車種別メーカーを選択して、故障診断します

G-SCANTAB車種選択画面

診断中・・・約1分ほど待ちます。

自動車整備G-SCAN診断中

今回は、試験車両ですので、故障なしです(笑顔)

G-SCAN故障コードなし

車両の設定変更などもできます。

車両の設定変更とは、例えばアンサーバック機能の変更などです。

アンサーバック機能とは、キーレスで施錠した時に、【ピッ!】と音が鳴る機能です。

【ピッ】音を鳴らさないように出来ますよ。

※車種メーカーにより、出来ない車種もあります

自動車整備に必需品です。

約20年前、整備士見習いの頃、師匠は腕と勘で整備していました。(笑)

当時の師匠は格好良かったですよ!
(滋賀県整備コンテスト第二位の実力※年代不明ですが・・)

自動車も進化して、整備も進化してきました。

腕と勘だけでは、整備できない時代になりましたね。

診断機を使い、故障個所を確実に見つけ出し、整備をしていきます。


ありがとうございます。感謝。

はなまるおーと 下山

このサイトについて