【ブログ】日本政策金融公庫から着信!「退職」「開業」にむけて

相談後、あれから1年が・・

日本政策金融公庫HP

平成30年2月に、日本政策金融公庫『別府支店』に融資の相談に行っています。

国庫から着信の用件

着信の用件は、はなまるの現況を聞くことですね。半年前にも御電話頂いています。

担当者

「もしもし、日本政策金融公庫別府支店の○○です。」

「その後の状況はどうでしょうか?」

はなまる

「先月に退職届を出し、3月末で退職の予定でしたが、受理されなく退職次期未定です。」

担当者

「そうでしたか・・はなまる様が会社には必要とされていると言う事なんですね。」

はなまる

「ありがとうございます。退職決まりましたら、改めてご相談にうかがいます。」

担当者

「またご連絡させていただきます。」

融資の計画

300万円の融資を年利約2%、返済期間7年を計画していました。返済は月4万円の84回払い!

ほぼ運転資金ですけど・・笑顔 

嫁様から借りて自己資金的な事も考えましたが、『髪結い亭主』と言われるのも嫌なので(もう言われている説www)、借金して開業を考えています。

へたうっても、300万円なら夜逃げしなくても大丈夫そう・・・やし。借金はやる気の潤滑油やッ!と言いながら、借金は麻薬みたいな物ですし、びびってるのも本音です。

注釈※『へたをうつ』失敗する事。
『 髪結い亭主 』 女房の働きで養われている男

退職届 文面で提出しています

退職の意向を口頭で社長に伝えたのは、1年前平成30年2月上旬、うやむやにされて・・・その後平成30年8月にもう一度伝えましたが、やはり話が平行線のまま・・・

そして平成31年2月に、文面で退職届を出しました。

話し合いをしまして、とある条件を頂き現会社に在籍しながら、事業を進めていくことのなりましたガッ!!!

1ヵ月もしないうちに、社長からの言葉が、虹色になってきた・・・・

ここ数日は、憤りを感じているのが本音です。

忙しくなりそうです。年度末

サラリーマン整備士も、開業にむけても。全力で、乗り切って行きます!!

ありがとうございます。感謝

はなまるすすむ。

このサイトについて